犬猫検診センター|越谷市赤山町で動物病院をお探しの方は越谷犬猫クリニックまで

[ 併設 ]
越谷動物医療介護ステーション
越谷犬猫検診センター

〒343-0807 埼玉県越谷市赤山町3-14-1

  • 電話
  • メニュー

定期的な検診による「予防医療」で
動物達と飼い主さんが健康でともに過ごせるように

人間と同じように、動物も万が一病気になっていたときの早期発見と早期治療が大切です。

近年、人間に限らず、動物医療の中でも「予防医療」という言葉が浸透してきています。
一般的な治療とは異なり、健康の維持や増進を目的として、病気の重症化・再発などを防げるよう、未来を見据えて行うことが「予防医療」です。
当院では、予防医療として定期検診を行っております。

検診の流れ

  1. 1まずはご予約ください
    イメージ画像

    検査は全て予約制とさせていただいております。
    お電話・FAX・メールにてご予約をお受けしております。また、ご来院の際にご予約をお取りいただくことも可能です。

    FAX:048-965-1299
  2. 次へ
  3. 2ご自宅で問診票のご記入、
    便・尿の採取、絶食
    イメージ画像

    問診票を事前に送らせていただきますので、ご記入ください。
    ・便と尿の入れ物をお渡しします。朝の便と尿が取れたらご持参ください。
    ・検査前日の夜9時以降は絶食になります。

  4. 次へ
  5. 3ご来院・お預かり
    イメージ画像

    ご来院いただき、問診票をご提出ください。
    検査のお時間の間、犬・猫をお預かりさせていただきます。
    検査はご希望の内容により異なりますが、数時間単位でお時間がかかります。
    終了目安のお時間をお伝えいたしますので、検査が終わりましたらお迎えにお越しください。

  6. 4検査開始
    イメージ画像

    ご希望いただいた内容の検査を開始します。

  7. 次へ
  8. 5お迎え
    イメージ画像

    検査が終わるお時間が近くなりましたら、当院へお迎えにお越しください。

  9. 次へ
  10. 6結果のご報告(ご郵送・ご来院)
    イメージ画像

    結果は後日、飼い主さんのみご来院いただくか、結果票をご郵送します。
    もし再検査や治療が必要な場合は、ご案内させていただきます。

検査項目および料金

二つのコースからお選びください
ベーシックコース
オールワンコース
  • オールワンコースはベーシックコースにヘリカルCT検査がプラスされたコースです。
    また、年齢や状況によるオプションとして様々な検査が可能です。
  • 日帰りでも一泊でも検診が受けられます。
    お出かけの際など、ペットホテルとしてご利用され、検診を受けると良いです。
    その際は、ペットホテルの一泊分とシャンプーカットが無料になります。
問診

問診票に記入いただき、日常についてお伺いします。

ベーシックコース オールワン・コース
ベーシック+CT検査
身体検査

視診・聴診・触診・打診で全身をくまなくチェックします。

ベーシックコース オールワン・コース
ベーシック+CT検査
身体計測 体重・体脂肪率・BCS
体温・血圧
内科診察 視診・聴診・触診・打診
体表・耳・口腔・眼科検査
生理機能検査 聴力・視力
血液検査

貧血や炎症、腎臓、肝臓、内分泌疾患などをチェックします。

ベーシックコース オールワン・コース
ベーシック+CT検査
血液一般検査 白血球数 WBC
赤血球数 RBC
ヘモグロビン Hb
平均赤血球容積 MCV
平均赤血球
ヘモグロビン量
MCH
平均赤血球
ヘモグロビン濃度
MCHC
血小板 PLT
血液化学検査 総蛋白 TP
アルブミン ALB
グロブリン Glo b
ALT
AST
アルカリフォス
ファターゼ
ALP
GGT
総コレステロール Tcho
血糖 Glu
尿素窒素 BUN
クレアチニン Cre
アミラーゼ Amy
リパーゼ Lip
CKI
カルシウム Ca
無機リン P
ナトリウム Na
カリウム K
クロール Cl
尿検査

腎臓の機能、糖尿病、肝臓、膀胱炎などをチェックします。

ベーシックコース オールワン・コース
ベーシック+CT検査
尿一般検査 潜血
ビリルビン
ウロビリノーゲン
ケトン体
蛋白
亜硝酸塩
PH
白血球数・WBC
比重
尿沈査 細胞診
糞便検査

寄生虫の有無、腸内細菌や炎症をチェックします。

ベーシックコース オールワン・コース
ベーシック+CT検査
直接法
浮遊法
レントゲン検査

各臓器の異常の有無、腫瘍の有無をチェックします。

ベーシックコース オールワン・コース
ベーシック+CT検査
胸部2枚
腹部2枚
頭部2枚 オプション オプション
前肢・後肢・関節 オプション オプション
頸椎・胸椎・腰椎 オプション オプション
超音波

各臓器の内部構造や動きをチェックします。

ベーシックコース オールワン・コース
ベーシック+CT検査
腹部
胸部 オプション オプション
心臓エコー オプション オプション
心音・心電図

心臓の電気的な流れ、動き、不整脈の有無をチェックします。

ベーシックコース オールワン・コース
ベーシック+CT検査
心電図
心音図 オプション オプション
ヘリカルCT

身体を輪切りにし、各臓器に異常が無いか、くまなくチェックします。

ベーシックコース オールワン・コース
ベーシック+CT検査
胸部・腹部
頭部 オプション
頸椎・胸椎・腰椎 オプション
※CT検査に麻酔が必要です
オプション検査
血液検査
甲状腺機能検査 高齢になるとホルモンのバランスが崩れ様々な症状を引き起こします。
特に多い、甲状腺のホルモンを調べます。
T4・FT4・TSH
血液型 不慮の事故や病気で輸血が必要なことがあります。血液型が判っていると迅速に対応が可能です。
DEA1.1  DEA1.2  DEA1(-) 猫 A B AB
凝固検査 血液が固まるかの検査です。安全に手術をする際に必要です。
APTT・PT・フィブリノーゲン
フィラリア検査 感染の有無を検査します。
犬 フィラリア抗原 猫 フィラリア抗体
ウイルス検査 感染症の有無をチェックします。
猫エイズ・白血病・コロナウイルス
原虫・寄生虫検査 猫トキソプラズマ
ワクチン防衛能検査 ワクチンの抗体価が持続していればワクチン接種の必要はありません
犬 ジステンパー・バルボ・アデノ
猫 FCV FHV FPV
心臓バイオマーカー 早期の心臓疾患の指標となる検査です。
cTn1 高感度心筋トロポニンI
犬ANP 犬
腫瘍マーカー 犬の膀胱移行上皮癌がチェックできる検査です。
犬V-BTA
腎機能の評価 早い段階で腎臓の機能を評価できます。
犬シスタチンC
糖尿病の検査 糖尿病が隠されていないか検査します。
GA・糖化アルプミン
アレルギー検査 環境24項目 食物12項目についてアレルギーの有無を判定します。

尿検査
腎機能検査 早い段階で腎機能を評価することが可能な検査です。
尿中アルブミンクレアチン比
尿中タンパククレアチン比
狂犬病抗体 海外に行く場合など必要な検査です。

*鎮静・鎮痛・麻酔の利用について…CT検査の際は全身麻酔が必要になります。
*料金についてはお気軽にお問い合わせください。

ページトップへ